車を高く売るなら一括査定

車を売るときに必要な書類と手続きについてまとめてあります。手続きは車を売る買取店や買取業者がほとんど代行してくれますが、個人が個人に車を売る場合には、車を買う人も必要な手続きがありますので、準備しとく必要があります。書類が不足してると売り手も困るのでチェックしときましょう。

当然ですが、車を売る側は多くの書類や手続きがありますので、準備し忘れないように注意しましょう。

個人で車を売買する場合の必要書類について

買取店に車を売る場合ではなく、個人に車を売る場合に必要な書類についてです。

【車を売る側】必要な書類一覧

車を買う側はそこまで多くないですが、スムーズに個人売買を行うために用意はしっかりとしときましょう。

自動車検査証(車検証) 自動車車検証(車検証)は車に携帯しておかないといけない書類です。車を購入したときに販売店が準備してあるはずです。多くの場合は車のダッシュボードに入っていますので、確認してみましょう。無い場合はすぐに「運輸支局で再発行の手続き」をしましょう。
自賠責保険証明書 車検時に強制的に加入する保険の証明書です。自賠責保険証明書の期限が切れてたり、無かった場合は車を売ることが出来ませんので、もしない場合は加入した保険会社で再発行出来ますので準備しましょう。
自動車税納税証明書 自動車税納税証明書は、毎年送られてくる車の税金を払った証明の書類です。振り込みのハガキみたいなのもです。無い場合は各都道府県の税事務所で再発行できます。軽自動車の場合は役所で再発行できますので準備しときましょう。
印鑑証明書 印鑑証明書は市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことです。実印登録をしたことが無い人は役所で登録できますので準備しときましょう。印鑑証明書を持ってる人は発行日時を確認して下さい。3カ月以内に発行された印鑑証明書でないと使えません。
自動車リサイクル券の預託証明書 自動車リサイクル料金を預託している場合を証明する書類がリサイクル券です。無い場合は「自動車リサイクルシステムホームページ」で「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば自動車リサイクル券の預託証明書の代わりになります。
予備検査証
登録識別情報等通知書
一時抹消や予備検査付きで売る場合に必要になる書類です。個人売買では一時抹消や予備検査で売る方がトラブルが少なくなります。

自動車検査証(車検証)

自動車検査証って言いますと、何か分かりにくいですが「車検証」のことです。載ってるいる車には携帯することが決まっていますので、車のダッシュボードとかに入ってないか確認しましょう。

もし、無い場合は「運輸支局」で再発行の手続きをしましょう。

自賠責保険証明書

車検時に強制的に加入する保険の証明書です。車の車検を受けたときにお金を払っていますので、車の車検証と一緒に保管されてると思います。自賠責保険証明書の期限が切れていたり、無かった場合は車を売ることは出来ませんので、早めにあるか確認しましょう。

もし、無かった場合は、加入した保険会社で再発行出来ますので準備しましょう。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、毎年送られてくる車の税金を払う書類で料金を支払った後に渡される領収書のことです。

今はインターネットで払うことが出来ますので、持っていない人が多いかも知れませんが、自動車税管理事務所または各都道府県の税事務所で発行出来ますので用意しときましょう。

印鑑証明書

印鑑証明書は市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことで、実印と印鑑証明書は各役所で手続きできます。実印の登録をしていない方は、まず実印を登録しましょう。

実印を登録する時に、印鑑証明書も同時に発行できます。

自動車リサイクル券の預託証明書

リサイクル料を支払った事を証明する書類となっています。基本的には新車購入時に料金を払っているはずですが、リサイクル法が出来たのが2005年1月となっていますので、2005年1月以前に購入された車については無い可能性があります。

詳しくはコチラをご覧ください。
>>自動車リサイクル促進センター

車検証と現住所が違う場合

これに「自動車検査証(車検証)」と現住所が違う場合は「住民票」が必要となってきますので、準備しときましょう。何回も引っ越してる場合には「住民票」と更に追加で「戸籍謄本」が必要となってきます。住民票や戸籍謄本は、各役所で手に入ります。

【車を買う側】必要な書類一覧

車を買う側はそこまで多くないですが、スムーズに個人売買を行うために用意はしっかりとしときましょう。

車庫証明 車の車庫証明書は、車の保管場所の証明書となっています。車庫証明書が無いと車を持てませんので警察署で貰ってきましょう。
実印・印鑑証明書 印鑑証明書は市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことです。名義変更で必要な書類となっています。

車庫証明書

車庫証明書は警察署で手に入りますが、車が駐車できるスペースが無いと車庫証明書は発行されませんので、自分の土地以外で車庫証明を取る場合には、駐車場の管理会社に車庫証明をとるための書類にサインして貰わないといけません。

実印・印鑑証明書

実印と印鑑証明書は各役所で手続きできます。実印の登録をしていない方は、まず実印を登録しましょう。実印を登録する時に、印鑑証明書も同時に発行できます。

個人売買では代行サービスが便利

車の個人売買では多くの書類や手続きあることが分かったと思います。そんな面倒な手続きはもちろんですが、車をオークションで出すとこから行ってくれるサービスがあります。それが「車売却代行サービス」です。

お金はもちろんかかりますが、面倒なことをすべて行ってくれますので安心して車を個人売買できます。しかし、代行手数料は平均で15,000円くらいかかります。車を高く売りたくて個人売買でオークションで売るのにお金を払ったら勿体ないと思います。

無理に個人売買で車を売るくらいなら、買取店や一括査定サービスを利用した方が車を高く売れるでしょう。

個人売買の手続きについて

車を個人売買するには「車庫証明の申請手続き」が必要となってきます。
その二つの手続きについての説明となっていますので、個人売買では車を売らないって人は読み飛ばしてください。
>>買取店で車を売る場合にスキップはコチラ!

車庫証明書の申請手続き

車庫証明書は車を買う時にはいるものです。簡単にいいますと車を普段駐車しておくことが出来る場所の証明書です。車庫証明書が無いと車は手に入りませんので準備しておく必要があります。

車庫の申請可能な条件

車庫証明書を手に入れる場合はどこでもいいって訳ではありません。多くのルールが決められていますので、確認してから車庫申請をしましょう。

車庫証明が申請できる条件
  • 自宅から保管場所までの距離が直線で2キロ以上はダメ
  • 道路での保管はダメ
  • 道路から出入りができる無いとダメ
  • 自動車の全体を収容できないとダメ
  • 自動車の保管場所として使用する許可が無いとダメ
  • 自分の土地以外なら土地の所有者の承諾書がもらえないとダメ
自動車の保管場所を申請すると後でちゃんと車が保管できる場所かチェックしに来ますので、偽装とかするのはやめましょう。

友達などの知り合いの土地に車庫証明書をとる人もいますが、トラブルの原因となってしまうケースもありますので、月額駐車場や土地をお金出して借りるようにしましょう。

車庫証明書の手続き

車庫証明書の申請は簡単にできますが、個人売買以外では車を購入した店が行ってくれます。なので車庫証明書の申請は必要ありません。
個人売買で車を購入した場合は自分で車庫証明の手続きをしないといけませんので準備しときましょう。

車の駐車場所の確保・確認

車を駐車しておく場所(車庫として申請する場所)の確保です。自宅に車を止めるスペースがある場合は、準備する必要はありません。

自宅に車を駐車しておくスペースが無い場合は、新しく車を駐車しておく場所を用意し得必要があります。

警察署で申請用紙を貰い記入

駐車する場所が決まったら、申請用紙を警察署に貰いに行きましょう。都道府県によってはインターネットで印刷できますが、ほとんどの都道府県は対応していませんので、普通に警察署に行った方が早いです。

申請用紙を貰いに警察署に行くんですが、提出も警察署なのでその場で記入して提出って流れになります。

車庫証明書の手続きの注意点

車庫証明で申請する場所はウソを書いても、申請場所の確認の現場確認がありますので、ウソはバレます。そんなことをする人はいないと思いますが、ちゃんと駐車できる場所を確保してから申請しましょう。

現場確認があるので上記で説明した

  • 自宅から保管場所までの距離が直線で2キロ以上はダメ
  • 自動車の全体を収容できないとダメ

ってのも確認されますので、ちょっとでも心配なことがあるなら確認してから警察署で申請した方がいいです。申請が通らなかったらやり直しになってしまいます。

最後に警察署の受け付けは平日のみとなってるとこが多いので、手続きに不備が無いようにしましょう。

住んでるとこによっては「車庫証明が必要ない」

住んでる地域によっては、車庫証明が必要ないとこがあります。主に田舎の土地が広いとこでは、車庫証明が必要ないってイメージとなっています。

普通自動車と軽自動車でまた違ってきますので、「自動車の保管場所の確保等に関する法律施行令」で確認しましょう。
難しいことが書いてありますが、一番下の表だと思います。

買取店で車を売る場合の必要書類と手続き

個人売買では無く買取店で車を売る場合での「必要書類」と「手続き」についてです。個人売買よりも安全で簡単に車を売ることが出来ますので、私としては個人売買よりは「買取店」で車を売る方がいいと思います。

特に一括査定を利用してからの車買取店で売却って流れがおすすめです。

車を売るときに必要な書類一覧

自動車検査証(車検証) 自動車車検証(車検証)は車に携帯しておかないといけない書類です。車を購入したときに販売店が準備してあるはずです。多くの場合は車のダッシュボードに入っていますので、確認してみましょう。無い場合はすぐに「運輸支局で再発行の手続き」をしましょう。
印鑑登録証明書 印鑑証明書は市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことです。実印登録をしたことが無い人は役所で登録できますので準備しときましょう。印鑑証明書を持ってる人は発行日時を確認して下さい。3カ月以内に発行された印鑑証明書でないと使えません。
自賠責保険証明書 車検時に強制的に加入する保険の証明書です。自賠責保険証明書の期限が切れてたり、無かった場合は車を売ることが出来ませんので、もしない場合は加入した保険会社で再発行出来ますので準備しましょう。
自動車納税証明書 自動車税納税証明書は、毎年送られてくる車の税金を払う書類です。振り込みのハガキみたいなのもです。無い場合は各都道府県の税事務所で再発行できます。軽自動車の場合は役所で再発行できますので準備しときましょう。
実印 印鑑証明書を作るときに登録した印鑑が実印です。実印は大切に保存してあると思いますが無くした場合は役所に紛失と再発行の手続きをしましょう。実印の登録をするなら印鑑証明書の発行も忘れないようにしましょう。
自動車リサイクル券の預託証明書 自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要です。無い場合は「自動車リサイクルシステムホームページ」で「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば自動車リサイクル券の預託証明書の代わりになります。
委任状 委任状は買取店が準備してくれますので、こちらで準備する書類ではありません。この委任状は買取店に任せるときに必要な書類です。実印とサインをするだけでいい書類です。
譲渡証明書 譲渡証明書は買取店が準備してくれますので、こちらで準備する書類ではありません。車を譲渡することを証明する書類となっています。こちらも実印とサインをするだけでいい書類です。

となっていますが「委任状」「譲渡証明書」は買取店が準備する書類となっていますので、あなたはサインをするだけでいいです。

買取店で車を売るときの手続き

買取店で車を売る場合は、ほとんどの事を買取店が行ってくれますので、簡単に車を売ることが出来ます。

簡単に言いますと「必要な書類を準備」⇒「提出と委任状や契約書にサイン」⇒「完了」って流れです。簡単に書いたのでもうちょっと細かい手続きがあるかもしれませんが、大したことではありません。

重要なポイント

買取店で売る場合は簡単売れますが、安く買い取ろうと営業も必死なことが多いです。書類はよくチェックしてからサインしましょう。

車は安いものでは無いので、ちょっとしたことでトラブルになる場合もありますので、契約時には書類をよく読んで分からないことは聞きましょう。理解したうえで契約しましょう。

買取店を複数行く予定でも営業トークに負けて車を売ることを即決しないようにしましょう。定番の決め台詞の「今日、車を売る契約をしてくれたら、買取額をアップします!」って言ってくるのですが、それは無視して複数の買取店に行き査定額を比較することで車を高く売れます。

>>車を一番高く売る方法<<【一括査定】

ディーラーや車販売店で下取りに出す場合の必要書類と手続き

車を買い替える時に今まで乗っていた車を下取りに出すかは絶対に聞かれると思います。下取りに出す場合の「必要な書類」についてです。特に面倒なことはありません。

車を売る場合と同様にほとんどの事は、ディーラーや車販売店が行ってくれます。ただ、下取りに車を出すのでは無く、車を買取店に売った方が高く売れます。
面倒だからって理由で数万円~数十万円も差が出ますので、まずは一括査定を利用して車の買取価格を調べて、下取りとどれくらいの差があるのか確認しましょう。

車の下取りに必要な書類

車庫証明が申請できる条件
  • 印鑑登録証明書
  • 自動車検査証
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 実印
  • リサイクル券
※車検証と現住所が違う場合は「住民票」が必要となります。場合によっては「戸籍謄本」も必要となりますので、店に確認しましょう。
上記が必要な書類となっていますが、店でローンを組む場合には「印鑑登録証明書」をそこで提出していますので、不要になる場合もあります。店でいる書類を確認してから準備しましょう。

下取りに出す前の注意点

先ほども言いましたが、車を手放してお金に変える方法で一番安いのが「下取り」です。下取りで30万円の車が買取店で40万円となるケースも多くあります。更に一括査定とかを利用して売れば50万円となるかもしれません。

ちょっとした手間ですが、今まで大切に乗ってきた車を安い値段で手放したら勿体ないですし、なんか悔しいです。今は一括査定が一番高く売れますので、利用してみましょう。査定額を見て下取りと大差が無かったら「下取り」で高額で売れるならそのまま「買取店に依頼」でいいと思います。

一括査定は多くのサービスがありますので、おすすめ一括査定ランキングを見てどこがあなたに合ってるのか、探して見てください!!

車を高く売るなら一括査定