車を高く売るなら一括査定

車は高価な物なので、その分必要な書類が多くなっています。車を売るときに必要になってきますので事前に準備しときましょう。


  • ◎車検証
  • ◎自動車納税証明書
  • ◎自賠責保険証明書
  • 譲渡証明書
  • ◎保証書
  • ◎取扱説明書
  • ◎整備手帳
  • 委任状
  • ◎リサイクル券
  • 実印、印鑑証明書
  • 住民票
  • 戸籍謄本

「◎」がついてる書類については、買取査定時に必要な書類となっています。買取査定~売却までで、必要となってくるのが上記の書類が必要となってきますので、スムーズに売却まで行くために準備を考えておきましょう。

「◎」については、一括査定後の実車の査定で必要な書類となってきますので、査定前には必要です。

査定後から売却完了までは、スピード勝負!!査定額に下がるケースもあり!?

実車の査定が完了して、査定額が出ても「売却完了」の書類を書くまでは、買取価格が変化する場合があります。年末に査定を受けて年を超えてしまったら、年式は一年古くなってしまい、査定額が減る可能性があります。

車の価値も2週間くらいで変動する場合もありますので、買取額に影響があるかも知れないです。逆に買取価格が市場で上昇したとしても、買取査定額を買取店が上げることは無いです。
買取店も利益を出すために、査定額をわざわざ増やすわけないです。

買取査定額が出たらなるべく早く売却までスムーズに流れるように準備できる書類は準備しときましょう。

もし、無い書類があっても再発行できます

必要な書類は、再発行できますので、ないものがあったら再発行しましょう。
「保証書」などは期限等があるので、再発行できない場合もありますし、期限が無いなら必要な書類では無いのです。

「取扱説明書」と「整備手帳」は、無くても売却できますが…査定額に影響していきます。もちろん査定額はマイナスの要素ですので、大切に保管しときましょう。
多くの人は車のダッシュボードに入れたままなので、大丈夫だと思います。

必要な書類は、買取店によって違う可能性がありますので、査定を受ける前や売却時には必ず確認しましょう!

車を高く売るなら一括査定