車を高く売るなら一括査定

「買取りと下取りの違いって良く分からない・・。」と言う方が多いです。

私もあまり分からなくて、調べてみたところ全然違うものだという事がわかりました。簡単に説明していきますね。

下取りと買取り

「下取り」はディーラーや中古車屋に今まで乗っていた車を引き取ってもらうというものです。「買取り」は買取専門店や販売店に、新しいクルマの購入とは関係なく直接クルマを売却することです。

掃除機などで例をあげるとを借りやすいのですが、ネット通販などで掃除機を販売しているとき「この掃除機購入した方は、今お使いの掃除機1万円で下取りもしますよ~」と言っているの見た事ありませんか?下取りはこれと全く同じことです。

買取りは新しい車を購入するからとかではなく、次の人に乗ってもらうために買取店に直接車を売る事です。

下取り価格と言うのはネット上に載っていて値段の変化はないのですが、買取価格と言うのは店舗によって値段が大きく変わるものなので買取りを依頼するところが重要になってきます。

そして「下取り」よりも「買取り」の方が車を高く売ることができます。

どちらが高く売れるの?

上記を読んでいただければ分かったと思うのですが、買取りの方が高い値段がつきます。何も知らずに「自分の車は古いし売れる訳ないから、下取りでお願いしよう」と思っている方はとても損をしてしまう可能性があります。

古いからと諦めてしまうと例えば、「下取りでは1万円にもならなかったけど、買取りに依頼すれば5万円になって得した♪」なんて事もたくさんありますので、下取りでも1度一括査定を利用して買取額をチェックしてから、判断することをおすすめします。

そこまで古い車でなければ、最初から買取りを依頼したほうがいいです。1番高く買取を依頼する方法は「一括査定」が1番ですのでおすすめです。一括査定について詳しく知りたい方はコチラも見てみてください。

>>【車買取・査定】車売るなら一括査定

まとめ

高く買い取ってもらうには、やはり下取りよりも買取りをおすすめします。
新しい車を購入する際に、下取りの話が出るかと思いますがすぐにお願いしますと決断するのは、やめたほうがいいかと思います。確実に高く買い取ってもらうには「一括査定」が1番お勧めです!
車を高く売るなら一括査定