車を高く売るなら一括査定

車の買取査定で差が出るポイントで「車の色(ボディーカラー)」があります。「そんなに査定額に変化無いでしょ?」って思った人もいるかも知れないですが、車の色で査定額に大きな差が出ます。

車種や年式によっては車の色だけで、30万円も差が出る場合もあります。ただ車の色が違うだけで、30万円も査定額が違うのは納得いかない人も多いと思います。

今回は「高く売れる車の色」「車の色で差が出る理由」「車を買う時の色の選択」について書いときます。
※下記でも書きますが、車種によって変わって来ますので参考程度に。

高く売れる車の色(ボディーカラー)は?

車の買取査定でみられるポイントの「車の色」ですが、車種によっては30万円以上も差が出る場合があります。もちろん、年式・走行距離などは同じで、車の色だけで30万円も差が出るのでびっくりします。

多くの車種で高く売れる色は「ブラック(黒)」です。ブラックはどの車種でも平均以上の査定額が出ます。ブラックと同じくらい高く売れる色は「ホワイト」になっています。
車種によっては、ブラックとホワイトが逆転する場合もあります。

売ろうとしてる車が「ブラック」や「ホワイト」なら買取査定でマイナスになることはありません。年式や走行距離によっては、高く売れるかも知れないですね!!

車の色が違うだけで差が出る理由

なんで車の色が違うだけで、30万円とか差が出るのか説明していきます。

買取店が車を高く売る理由を考えたらわかることなんですが、「買取店が高く買う=売るときに高く売れる」ってことです。高く売れる車は人気がある車なので、「ブラック」と「ホワイト」が基本的には人気となっています。

車種によっては「ブルー」や「イエロー」が人気の車種もありますので、一概に「ブラック」と「ホワイト」が人気とは言えません。

人気とは別の理由で「ブラック」が買取店が欲しい理由もあります。ブラックを乗ったことがある人はわかると思いますが、ちょっとしたことで細かなキズがついてしまいます。
洗車時のタオルで拭いただけでも、キズが分かります。それくらいブラックは、キズが目立ちます。

買取査定時に細かなキズでもマイナス査定する買取業者も多いので、安く仕入れやすいです。(細かなキズでマイナス査定でもブラックで査定額が上がっていますので、全体的には高額で売れます。)

細かなキズの査定前の対策方法

ブラックの車を売るときの査定前には、洗車やワックスやコンパウンドで磨くといった対策をしときましょう。コンパウンドで磨くまですれば細かなキズは無くなります。
コンパウンドで磨いたことが無い人はカーショップで頼んでも価格次第ではやった方がいいです。目安としては1万円以内なら考えてもいいでしょう。

最後に車の色の選択方法について

車を売る時には「ブラック」や「ホワイト」が買取査定で高く売れることが多いので、車を購入する時は「ブラックorホワイト」で決まり!!って訳ではありません。

車の購入するのに売ることを考えて買うなんて勿体ないです。あなたの好きな色や好きな車種を購入しましょう。よく車販売店で働いてる人は、売るときのことを考えて買ってるみたいですが、私には考えれませんね。。

せっかく車を購入するのに好きな車種や好きな色を選ばないとか…。。売るときのことは考えずにあなたの好きな車や好きな色を選びましょう!!

車を高く売るなら一括査定