車を高く売るなら一括査定

車のトラブルで多いのは「二重査定(再査定)」です。今ではかなり少なったようですが、知っておかないと損をしたり納得がいかないと思うでしょう。

二重査定(再査定)について理解をしてトラブルや損をしないように対応しましょう。

「二重査定・再査定」とは??

「二重査定・再査定」とは、車の買取価格が決まって契約書にもサインしたの後ですが、買取店が精密な査定や検査をしたら重大な欠陥や修理箇所があった場合などに、契約した買取額から減額されることです。

これだけ聞くと納得がいかないことが多そうですが、車を売るときの査定では細かな検査とか出来ませんので多少は仕方ないこととなっています。

しかし、納得いかないのは契約後に査定額変更の連絡がくるってとこですね。あまりに査定額が減っていますと売るのを辞めたいとこなんですが、契約を破棄するのに違約金を払うことになります。

違約金は基本的には払わなくてもOK

あまりに査定額が下がることになった場合には当然、その買取店での売却を辞めたいですよね??

問題は違約金を払わなければダメなところですが、違約金は払わなくてもいいケースの方が多いです。あなたの車を契約した時の値段で買い取るって書類があれば払う必要はありません。

もし、後からキズや不具合が見つかったとしても、それは査定に来た買取店のミスですので、こちらに落ち度はありませんので査定額を下げること自体を交渉してもいいです。

違約金や査定額の減額を受ける例外

例外ももちろんあります。車の重大な故障などを知っていたのに黙っていた場合は「違約金・査定額の減額」を受け入れなければいけません。

上記の場合は知っていたのに黙っていたということは「詐欺」になる場合もありますので、事故歴や修復歴は素直に買取店に伝えておきましょう。査定後に分かって面倒なことになります。

あなたが知ってる範囲での「二重査定・再査定の減額」は仕方ありませんが、前オーナーの事は分かりませんので、この場合は「知らない」と言えば大丈夫なはずです。
車の事で知ってることがあれば隠せば高く売れるとかは考えずに素直に伝えましょう!

二重査定・再査定のトラブルを減らす方法と対処方法

二重査定・再査定で文句の言う人は「契約時に書類を読んでいない」「説明であまり聞いてなかった」「悪徳業者」のパターンが多いです。車の査定が終わって契約するのですが、この時に契約書をよく確認したり。買取店にいろいろ聞いときましょう。

契約書がしっかりとしてれば二重査定・再査定での減額はありませんし、二重査定・再査定でトラブルになるケースは少ないと思います。

それでもトラブルになったときの対処方法

契約書や買取店に確認して査定額の増減を無くしたり、契約破棄の違約金を無くすことが出来ますが、悪徳業者などは関係なしでいろいろ後から、減額しようとしてきます。

対処方法として「国民生活センター」などに電話して相談してみましょう。契約書にしっかりと書いてあれば全然問題なく解決します。

車を高く売るなら一括査定