車を高く売るなら一括査定

中古車の査定で「足回り・下回り系」を見るポイントは決まっています。この査定で見るポイントを知っておけば買取査定額を上げることが出来ます。

対策できない査定ポイントもありますが、査定前に対策できるとこはしときましょう。対策をしてくことで車を高く売ることができます。

もちろん車を高く売るために一括査定を利用して高額で買い取ってくれる業者に実車の査定依頼を出してからの話ですので、まだ一括査定をしていない方はしてみましょう!

>>車を高く売る方法

買取査定時の基本価格で対策出来ないポイント

どこの買取業者でも車の基本買取価格を決めるときに見るポイントは変わりませんので、ここをよく見られるって知っておきましょう。
ポイントを知っておくことで交渉や大体の値段分かります。

査定チェックポイントで車の基本価格が決まる大きなポイントは

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

ですが、この基本価格に対して細かな査定で買取価格が上下します。
査定時になるべくマイナスにならないように「査定で見るポイント」を把握しといてマイナス査定にならないようにしっかりと対策しましょう!

※キズなどを修理に出すのは、トータル的に赤字になりますので、そのような対策はしないよう注意です。

買取査定で足回り・下回り系を見るポイント!

買取査定で見るところは、どの買取業者でも大体同じです。基本価格は買取業者によって大きく違ってきますので、査定を受ける前に一括査定などを利用して高額で買い取ってくれると買取業者を3つくらい絞っておきましょう。

一括査定とかで初めから低い買取価格の業者は、その車を欲しい訳では無いです。買取業者が欲しくない車を高く売れる訳ないは無いので一括査定で高額の値段を付けたくれた買取店の査定だけを受けましょう!
あなたの車が欲しい買取業者を一括査定で見つけるのが「車を高く売る」一番の方法です。

これに交渉の材料として以下の買取査定で見るポイントをしっかりと把握しときましょう。

足回り・下回り系では

  • タイヤやホイールの状態
  • ブレーキ・マフラー
  • 足回り・下回りのキズ、ヘコミ、錆

は、チェックするポイントです。

「タイヤやホイールの状態」について

タイヤでは、製造された年と残ってる溝の量を見られます。製造された年が古くても状態が良ければ、いいのですが、ひび割れてたり擦れキズがあれば減額(マイナス)されます。
状態に問題が無ければ、タイヤの溝の量によって買取査定額が上下します。

ホイールもキズや錆などが見やれるのですが、ホイールはインチが大きいほど高額で買い取ってくれる可能性が高いです。ホイールにキズがあると思ったよりも買取り額がプラスされませんので、別で売る人も多いと思います。
※別で高く売るには「Yahoo!」とかのオークションが高く売れるでしょう。

「ブレーキ・マフラー」について

ブレーキでは全体的な錆やブレーキパッドの減り具合などを査定時に見られます。錆については、そこまで敏感になる必要は無いのですが、ブレーキパッドはすり減っていなければ増額(プラス)されることが多いです。
ブレーキの「ディスクパッド・ディスクローター」の部分が傷んでると交換しなければダメなので減額されます。車検などで傷んでたら交換されてるハズなのでほとんどの場合は大丈夫です。

そのほかにはブレーキオイル等の漏れが無いかをチェックされます。ブレーキオイルの漏れと言っても「にじみ」とかでもブレーキのとこなので厳しくチェックされます。車にとってブレーキはとても重要なとこなので査定時には厳しくチェックされます。ブレーキのオイルは無くなったら、車のブレーキが利かなくなり大事故となりますので、普段からチェックしときたいポイントでもありますが、なかなか毎日乗る前にチェックする人はいないでしょうね。

マフラーについては、劣化していないかをチェックされます。よく査定時にマフラーで減額(マイナス)されるのが、錆となっていますが、錆だけならそこまでの減額はありません。

他には下の「キズ・ヘコミ」を査定時に見られます。マフラーにキズや錆で穴などが、開いてれば音ですぐに分かりますので、そこまで多くの減額は無いと思います。

「ブレーキ・マフラー」の買取査定時の対策としては、日頃のメンテナンスが重要となってきますので、査定前の対策は無いです。錆とかを落とすのは大変ですし、ブレーキ類の交換もお金がかかりますので、やめといた方がいいでしょう。

メンテナスとしては、洗車で「車体の下を洗う」のがいいですね。特に海辺や冬場の凍結防止粉の上を走った後には、よく洗っておきましょう。コイン洗車などで「下部洗車」ってのもあるので、利用するのもおすすめです。

「足回り・下回りのキズ、ヘコミ、錆」について

これには「マフラー」も含まれますが、車体本体の下には、いろいろなパーツがあります。主にエンジンからの配管系が多くあり、配管のキズ・ヘコミ・錆をチェックされます。

コンビニなどでの段差で車体の下をこすったことが無いのであれば、キズやヘコミは少ないですが、こすったことが無くても、飛び石などでキズやヘコミがある場合がありますが、査定時前の対策としては何もありませんので、諦めるしかないです。

錆についても、ある程度は仕方ないです。上記で説明したように「海辺や冬場の凍結防止粉の上を走った後」は、錆びやすいので、コイン洗車などの車体下部洗浄をしましょう。ガソリンスタンドやカーショップでは車体の下のコーティングなどもあります。
※コーティングについては私は使ったことが無いので、詳しくは説明できません。ちょっと調べて見たんですが、いい意見も悪い意見もありますので、実際に使って見た方が早いでしょう。

キズ、ヘコミ、錆以外に「オイル漏れ」がある場合は、当然ですが買取査定額に減額(マイナス)されます。オイル漏れの場合は大きな査定額のマイナスになる可能性があります。

>>車の買取査定前に「洗車・車内清掃」で査定額が変わる可能性は?

車を高く売るなら一括査定