車を高く売るなら一括査定

中古車の査定で外装を見るポイントは決まっていますので、査定で見るポイントを知っておけば買取査定額を上げることが出来ます。
しかし、対策できない査定ポイントもありますので、査定前に対策できるとこだけしときましょう。対策をしとくことで車を高く売ることができます。

対策と言ってもお金をかけて車の修理をするわけではありません。車のキズなどの修理の方が圧倒的に査定額が上がる金額よりもお金がかかります。

もちろんですが、車を高く売るために一括査定を利用して高額で買い取ってくれる業者に実車の査定依頼を出してからの話ですので、まだ一括査定をしていない方はしてみましょう!一括査定で営業電話が不安って人は「ビッグモーター」で車を売りましょう。ネットで査定額が分かる上に一括査定では無いのですが高額で買い取って貰えますし、電話もビッグモーターからのみしかかかってきませんので安心です。

買取査定時の基本価格で対策出来ないポイント

どこの買取業者でも車の基本買取価格を決めるときに見るポイントは変わりませんので、ここをよく見られるって知っておきましょう。
ポイントを知っておくことで交渉や大体の値段分かります。

査定チェックポイントで車の基本価格が決まる大きなポイントは

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

ですが、この基本価格に対して細かな査定で買取価格が上下します。
査定時になるべくマイナスにならないように「査定で見るポイント」を把握しといてマイナス査定にならないようにしっかりと対策しましょう!

※キズなどを修理に出すのは、トータル的に赤字になりますので、そのような対策はしないようしましょう。

買取査定で外装を見るポイント!

買取査定で見るところは、どの買取業者でも大体同じです。基本価格は買取業者によって大きく違ってきますので、査定を受ける前に一括査定などを利用して高額で買い取ってくれると買取業者を3つくらい絞っておきましょう。

一括査定とかで初めから低い買取価格の業者は、その車を欲しい訳では無いです。買取業者が欲しくない車を高額で買い取ってくれる訳ないですので、あなたの車が欲しい買取業者を一括査定で見つけるのが「車を高く売る」一番の方法です。

これに交渉の材料として以下の買取査定で見るポイントをしっかりと把握しときましょう。
※交渉が苦手な方は無理に交渉しなくても一括査定では、勝手に車の買取値段のバトルが買取店同士で起こりますので、心配はありません。

「外装」系の査定ポイント

外装では

  • ボディーカラー
  • ボディーのキズ
  • ボディーの修理歴
  • ガラス系のキズ・交換

は、チェックするポイントです。

「ボディーカラー」について

ボディーカラーは、人気の色などでかなり査定額に差が出てきますが、対策の使用がありません。

車を購入する時に売ることを考えて、自分の好きなカラーを買うのでは無く売るときのことを考えて人気のあるボディーカラーを選ぶ人が多いようです。安定して人気の色は、車種によって違ってきますが、定番の「白・黒」が高額で売りやすいようです。

>>車の購入時のボディーカラー次第で車の売るときの価格が変わってくる

「ボディーのキズ」について

買取査定時には絶対にチェックされるのですが、「キズ」と言ってもその度合いによってマイナスになる価格が違ってきます。

キズの大まかな分け方は、爪に引っかかるかどうかで決まってきます。爪に引っかからないようなキズは、大したマイナスではありませんが、爪に引っかかるようなキズでは、マイナスが大きくなってきます。(車のボディーは爪で引っかくだけでキズがつきますので、注意して行ってください。)

このキズについては、コンパウンドとかで上手く磨ければ消えることもあります。コンパウンドとかは、普通にカー用品ショップやホームセンターで購入できます。
※下手にやると目立ってしまいますので、注意して磨きましょう

「ボディーの修理歴」について

ぶつけて外装をヘコませたりして、交換した車は査定時に減額されてしまいます。買取査定に来た業者に黙っていても相手はプロなのでバレてしまいます。
交換をしていなくても、板金塗装した車も査定時に減額されます。

修理したときの度合いによっても査定額に差が出てきます。これらの修理歴の対策は無いので、一括査定とかで見積もった金額より下がると思っておきましょう。

>>「事故車・修復歴車」では査定額が下がるので、高額で売ることは…。

「ガラス系のキズ・交換」について

ボディーのキズと同様に「キズ・交換」で査定額が減額されます。フロントガラスは、ワイパーのこすれキズや飛び石などでキズがついていますので、多少の減額は覚悟しときましょう。

飛び石での交換修理は自動車の保険で交換できますが、交換してピカピカの場合でも減額される可能性があります。フロントガラスが割れてたりした場合の査定額のマイナス額は約60,000円くらいとなっています。

車のフロントガラスが割れてる場合は車検に通りませんので、交換は必須ですが、もし飛び石などで車のフロントガラスが割れた場合は、全額保険で直せるハズです。(保険会社と相談してください。)

しかし、車を売るときにはフロントガラスがどれだけ割れていようが、修理に出す必要はありません。査定で-60,000円と分かっていても、あなたが直すよりも買取店が修理した方が安くなりますので、フロントガラスの交換とかはしないでおきましょう。

ガラスの修理も自分で出来ますが、意外と難しいので変にさわらない方がいいと思います。変に修理したことで車の査定額が下がるケースもありますので、できるなら挑戦してもいいですが、ちょっとでも無理と思ったなら辞めときましょう。

外装(ボディー・ガラス)で査定額が増える場合がある!?

ここまでは査定額に対してマイナスになることばかり書いてきましたが、基本査定額に対して増額(プラス)される場合もあります。
キズがついてれば当然マイナスになるんですが、ボディーやガラスにキズが無い場合や少ない(修理する必要が無い)場合には、基本査定額に増額(プラス)になります。

キズが無ければ2万円~5万円くらいは、基本買取査定額にプラスして買取価格が出てくると思います。買取業者としては、あまり査定額を上げたくないので、キズが無いor少ない場合でも、増額しないかも知れません。事前に外装をチェックして自分の車のキズは把握しておき、査定時に交渉しましょう。

※外装のキズを修理に出してから売れば高くなりますが、修理と査定増額分を比べたときに赤字になりますので、車を売るときに修理するのは辞めといた方がいいでしょう。

>>車を高く売るにはキズやヘコミを修理した方がいいのか?そのままか?

車を高く売るなら一括査定