車を高く売るなら一括査定

車の自動車検査証(車検証)を無くした場合の再発行方法についてです。

自動車検査証(車検証)は車に携帯しておかなければいけない重要な書類となっています。もし無い場合は早急に再発行の手続きをしましょう。
※自動車検査証(車検証)が携帯されて無いと、違反扱いになりますので、減点や罰金もあります。

おすすめの再発行方法は代行を使って再発行することです。あなた自身が自分で行っても出来るんですが、書類・手続きが面倒なことが多いの代行サービスなど使うことをおススメします。

自動車税納税証明書の再発行方法

自動車検査証(車検証) 自動車車検証(車検証)は車に携帯しておかないといけない書類です。車を購入したときに販売店が準備してあるはずです。多くの場合は車のダッシュボードに入っていますので、確認してみましょう。無い場合はすぐに「運輸支局で再発行の手続き」をしましょう。

自分で再発行を行う場合

「運輸支局で再発行の手続き」とあるように、運輸支局で再発行が出来ますが、自分で行うと面倒がおおいです。
まずは必要書類は以下です。

  • 使用者の認印の押印がある理由書
  • 申請者の身分証明書
  • 手数料納付書
  • 申請書

が必要な書類となっています。
一番の注意点は「運輸支局は平日のみの手続き」となっていますので、仕事がある人は代行サービスを使った方がいいと思います。

代行サービスを利用する場合

車の自動車検査証(車検証)の再発行を代行サービスを使うとお金がかかりますが、面倒なことをやってくれるのでおすすめです。

わざわざ代行サービスを利用しなくても自動車検査証(車検証)の再発行は「車を購入した店」に頼めばもっと簡単にできます。代行手数料もかなり安く再発行してくれる場合が多いですし、無料でやってくれる場合も多くあるようです。

自分で再発行する前に車を購入したとこに聞いてみましょう。

車を売るときに必要な書類

自動車検査証(車検証) 自動車車検証(車検証)は車に携帯しておかないといけない書類です。車を購入したときに販売店が準備してあるはずです。多くの場合は車のダッシュボードに入っていますので、確認してみましょう。無い場合はすぐに「運輸支局で再発行の手続き」をしましょう。
印鑑登録証明書 印鑑証明書は市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことです。実印登録をしたことが無い人は役所で登録できますので準備しときましょう。印鑑証明書を持ってる人は発行日時を確認して下さい。3カ月以内に発行された印鑑証明書でないと使えません。
自賠責保険証明書 車検時に強制的に加入する保険の証明書です。自賠責保険証明書の期限が切れてたり、無かった場合は車を売ることが出来ませんので、もしない場合は加入した保険会社で再発行出来ますので準備しましょう。
自動車納税証明書 自動車税納税証明書は、毎年送られてくる車の税金を払う書類です。振り込みのハガキみたいなのもです。無い場合は各都道府県の税事務所で再発行できます。軽自動車の場合は役所で再発行できますので準備しときましょう。
実印 印鑑証明書を作るときに登録した印鑑が実印です。実印は大切に保存してあると思いますが無くした場合は役所に紛失と再発行の手続きをしましょう。実印の登録をするなら印鑑証明書の発行も忘れないようにしましょう。
自動車リサイクル券の預託証明書 自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要です。無い場合は「自動車リサイクルシステムホームページ」で「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば自動車リサイクル券の預託証明書の代わりになります。
委任状 委任状は買取店が準備してくれますので、こちらで準備する書類ではありません。この委任状は買取店に任せるときに必要な書類です。実印とサインをするだけでいい書類です。
譲渡証明書 譲渡証明書は買取店が準備してくれますので、こちらで準備する書類ではありません。車を譲渡することを証明する書類となっています。こちらも実印とサインをするだけでいい書類です。
車を高く売るなら一括査定