車購入時にあった車の書類は大切に保管必須!車買取査定で大きな差!
車を高く売るなら一括査定

車の書類は使わないけど重要!!

車を購入した時に多くの書類があります。車検証・取扱説明書・オプションでナビがあればその説明書・自動車税納税証明書・自賠責保険証などです。

購入した車を長く乗ってきたあなたには必要が無いかも知れないですが、車を売ったときに次に乗るオーナーには必要となってきます。あなたが一回も使ったことが無い取扱説明書だったとしても、次のオーナーは必要かもしれません。

車には使ったことが無い説明書や書類がありますが、すべて保管しておくと車を売るときに評価されますので、大切に保管しときましょう。
車検証など車を売るときに必要な書類は無いと売ることが出来ませんので、必要な書類は事前にチェックしときましょう!

>>車を売るときに必要な書類と手続きについて【簡単ガイド】

>>車を売るときに必要な書類一覧と無くした場合の再発行方法

車の取扱説明書や書類が無かったら査定額は下がるのか?

上記で説明した取扱説明書や書類がもしなかった場合には、査定額は少し下がります。本来なら持っていて当たり前の物がないのですから、査定額が下がることは仕方ありません。

持っていた方がいい書類で一番効果的なのは「定期点検記録表」です。別の言い方では「点検整備記録簿」となっている書類がありますが、これがあることで査定額が上がることがありますので、定期点検記録表がある人は査定前に用意しときましょう。

定期点検記録表とは定期点検を毎回受けてるって証明書です。定期点検を毎年や半年ごとに行ってる人は整備してくれた店に記入して貰うように頼んどきましょう。もし無くても簡単に作ってくれますので、作成して定期点検の記録を残して置けば車を売るときに買取査定額が上がります。

査定額が下がる以前の問題も発生する可能性があります。車を売却する時に必要は書類はいくつかありますので、実車の査定前には準備しとかないとスムーズに車を売ることは出来ません。

車を売るときにいる書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 自動車リサイクル券の預託証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書

最低でもこれくらいの書類は必要となってきますので、確認しときましょう。これらの書類を事前に準備しておくと車を売るときにスムーズに話が進みます。

車を売るなら少しでも早い方が高く売れますので、車を売るなら早めの行動をしましょう。

必要書類についてはコチラの記事をご覧ください。
>>車を売るときに必要な書類と手続きについて【簡単ガイド】
車を高く売るなら一括査定