車を高く売るなら一括査定

一括査定後や実車の査定後に買取価格が決定しますが、車を売る時には多くの手続きや書類が多くあります。タイミングが悪いと必要な書類の提出が遅れると車の売却値段(査定額)が下がる可能性がありますので、査定後の契約完了まではスムーズに話を進めるのがいいです。

先に査定額と車の売却契約の書類にサインすると思いますが、買取店や書類の内容によっては記載されてることがありますので、よく読んだり買取店に確認しましょう。

どんな時に車の売却値段が、下がる可能性があるのか??

車の基本買取価格でチェックするポイントの年式がありますので、車が年を取る年末などは車の売却は早めに行った方がいいです。多くの買取店は年末などで車を書いとる場合は、車が1年古くなることを考慮して査定額を出してると思います。

一部の買取店やまだ年末でない時期では、車の査定を受けた年を過ぎると査定額に影響してくる場合がありますので、査定後は書類や手続きを早めにする方がいいです。

次に査定額が変更になる場合は、車の価値が大きく変わった場合ですが、このケースで車の売る値段が下がるのは稀となっています。

車の価値が大きく変わるって言いますのは、1週間前までは売るときに100万円で売れていた車があなたが書類を準備してるときに、50万円まで下がったら車の買取値段が下がることがあります。でも、この場合は買取店のミスですしので、あなたの車を売る契約をしてあれば買取価格は下がることは無いです。

ただ、一部の買取店では、だだをこねる場合もありますので、契約書を確認して買取店のミスってことを伝えましょう。あなたのミスでは無いのに車の値段を下げられるのは、ありえません。

車を売るときに必要な書類

車を売るときに必要な書類は、事前に準備しておくことでスムーズに車を売れます。

必要な書類は買取店によって異なるかも知れないですが、基本的には以下です。

         

         

自動車検査証(車検証) 自動車車検証(車検証)は車に携帯しておかないといけない書類です。車を購入したときに販売店が準備してあるはずです。多くの場合は車のダッシュボードに入っていますので、確認してみましょう。無い場合はすぐに「運輸支局で再発行の手続き」をしましょう。
印鑑登録証明書 印鑑証明書は市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことです。実印登録をしたことが無い人は役所で登録できますので準備しときましょう。印鑑証明書を持ってる人は発行日時を確認して下さい。3カ月以内に発行された印鑑証明書でないと使えません。
自賠責保険証明書 車検時に強制的に加入する保険の証明書です。自賠責保険証明書の期限が切れてたり、無かった場合は車を売ることが出来ませんので、もしない場合は加入した保険会社で再発行出来ますので準備しましょう。
自動車納税証明書 自動車税納税証明書は、毎年送られてくる車の税金を払う書類です。振り込みのハガキみたいなのもです。無い場合は各都道府県の税事務所で再発行できます。軽自動車の場合は役所で再発行できますので準備しときましょう。
実印 印鑑証明書を作るときに登録した印鑑が実印です。実印は大切に保存してあると思いますが無くした場合は役所に紛失と再発行の手続きをしましょう。実印の登録をするなら印鑑証明書の発行も忘れないようにしましょう。
自動車リサイクル券の預託証明書 自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要です。無い場合は「自動車リサイクルシステムホームページ」で「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば自動車リサイクル券の預託証明書の代わりになります。
委任状 委任状は買取店が準備してくれますので、こちらで準備する書類ではありません。この委任状は買取店に任せるときに必要な書類です。実印とサインをするだけでいい書類です。
譲渡証明書 譲渡証明書は買取店が準備してくれますので、こちらで準備する書類ではありません。車を譲渡することを証明する書類となっています。こちらも実印とサインをするだけでいい書類です。

自動車検査証(車検証)と現住所が違う場合は「住民票」が必要となりますので、準備しときましょう。本来なら引っ越しなどで住所が変わった場合は変更しとかないといけないことですので、変更してない人は変更しときましょう。

車を高く売るなら一括査定