車を高く売るなら一括査定

車を売るときの査定では車についてるパーツやオプションが社外品では、査定額がマイナスになる場合が多いです。

車につけてる社外品のパーツによっては査定額がプラスになる場合もありますが、多くの場合ではマイナスか価値はゼロになってしまいます。車を売るときの査定で社外品がプラスになるのは、車についてる社外品が人気かどうかで変わってきます。

しかし、車を買ったときにつけた社外品ではもう古いタイプとなっていますので、ほとんど価値はありません。なので多くの場合では社外品は価値は無くなっていますので、期待しないでおきましょう。

社外品を買ったときに高額なパーツだとしても価値は無い

例えば20万円のカーナビの社外品のパーツを買ったとしますが、それから5年以上経ってから車を売ろうとして、買った社外品に価値があるかって言いますとほとんど価値はありません。

一般人一般人

なんで20万円もしたのに価値が無いの!?

って思うかも知れないですが、5年も年月が経っているのにまだ20万円で売っているわけはありません。買った当時は20万円でも車を売るときには、買っても5万円とかになってる可能性が高いです。

しかし、車につけてる社外品が人気があり、車を売る時にも15万円で売られてる場合は価値がありますので、車の査定額にプラスしてくれます。けど、車のパーツが5年経っても価値が下がらないことは今の時代ではほとんど無いです。
カーナビやエアロなどは、どんどん新しく新機能がついてるのが出てきます。5年も経ってたら時代遅れのパーツやナビとなっていると思います。

車にお金をたくさん使ってるから査定額は高いって思わない方がいいでしょう。

車の純正品があるなら付け替えるか査定時に用意しときましょう

車を売るときの査定でついてるパーツが純正の場合は、査定額がマイナスになる場合はありません。(※キズや壊れてる場合を除く)

社外品か純正パーツどっちが査定時にはいいのかって言いますと純正の方が車を高く売れます。けど、一番いいのは「純正パーツの準備」です。

社外品に価値が無いなら外しても売らう方が、全体的にプラスとなります。

車を売るときに査定額はチャックし、なにでマイナス査定になってるか確認!!

多くの人は、査定額に満足してどこでプラス査定でどこでマイナス査定かは、把握しときましょう。車の査定額が分かったら「どこが査定マイナスでした??」って聞けば教えてくれますので、チェックしときましょう!

社外品の価値がなく、0円やマイナス査定だった場合は違う店で売った方が高く売れる場合がほとんどです。買取店では社外品の車のパーツを高く買い取る必要は無いので、近くの車パーツ買取専門店などにもって行くのがいいでしょう。

車を高く売るなら一括査定