車を高く売るなら一括査定

車を売る方法には「買取」と「下取り」って方法があると思いますが、「下取りと買取の違いはなに?」って思いますよね?

どっちも車を売るってことなんですが、その違いについて説明します。あまり違いはありませんので、サッと読んでもらえればいいと思います。

車を高く売るなら下取りよりも車買取専門店にもっていく方がいいのですが、最近では車の下取りも高額で車を買い取ってくれます。
しかし、どっちが高く売れるかって言ったら「車買取専門店」です。下取り価格は参考にするのがいいでしょう。

下取りと買取の違い

  • 下取り…車を買う時に買う店に今まで乗っていたクルマを引き取ってもらうこと
  • 買取…買取専門店や販売店に、新しいクルマの購入とは関係なく直接クルマを売却すること

となっています。この違いはちょっとしたことですが、「引き取ってもらうor売却」ってのが大きなポイントです。

下取りでは車を購入する店に引き取ってもらうため、購入する車から値引きって形で車を渡します。買取では、車を購入する時や購入はしないけど車を売るときに、買取専門店や販売店に車を売ることです。
簡単に言いますと、「値引きか売る」ってことでいいです。

それぞれのメリットとデメリットがありますので、ご覧ください。

車の下取りと買取のメリットとデメリットは??

車を売るタイミングで多いのは、新しく車を購入するときです。車を買う時に絶対に聞かれるのが「今乗ってる車は下取りに出しますか??」って言われます。
「下取りに出す」って答えれば購入予定の車の代金から値引きされます。
メリットは値引きが少なかった場合に多めの額で引き取ってもらえますし、車を引き渡し時の手続きが少なく、スムーズに引き渡せます。

デメリットは車の価値が買取店に比べて低くなります。下取りと買取では差が最大で50万円違った話もあるくらいの差が出ます。
※当然、車種によって違ってきます。

車の買取では、下取りに出さなかった人や購入前に車を売ってしまう人が多いです。下取りに出さなかった人は、車を売るときに下取りよりも買取の方が高くなるからです。
メリットは、下取りよりも圧倒的に車を高く売ることが出来ます。上記で説明したよう50万円もの差が出るなら、買取店で売った方がいいに決まっています。
50万円は稀なケースですが、普通の車でも5~10万円の差は出ることが多いです。

デメリットは車の買取店では車の価値が日々変わってきますので、買取査定額が多いかどうかは、その時にしか分かりませんし、買取店によっては車を買ってくれる値段が大きく違ってきます。車を高く売るには複数の買取店に行く必要があり、面倒に感じる人が多いでしょう。

結局のところどっちがいいの??

車は「下取り」と「買取」ではどっちがいいのかって言いますと、断然「買取」です。

車を高く売れるのが第一優先だと思います。買取のデメリットである「複数の買取店に行く」ってのは、車査定の一括査定サービスを利用すれば数十社の買取店の査定額を知ることが出来ます。
しかも、簡単に一番高く買い取ってくれる買取店を見つけることが出来ます。

下取りの方が楽なんですが、ちょっとした手間で数万円~数十万円も、多く車を売れるなら買取で間違いないです。

車が古くて価値が無いと思っていても、買取店では買い取ってくれることが多いです。数万円ですが、古くて価値が無いって思っていた車が数万円になれば満足です。
下取りでは「価値が無いので無料で廃車にしときますか?」って言われても、下取りには出さない方がいいです。廃車の買取店もありますので、絶対に売れます。
私は下取りには車を出したことはありません。なぜなら一括査定で見る査定額より多い金額で下取りしてもらったことが無いからです。

下取りに出す前に一括査定を利用してみましょう。
車を高く売るなら一括査定