車を高く売るなら一括査定

車の売る時に基本的な買取価格が決まってしまいます。車種によって当然買取価格は変わるのですが、同じ車種の場合は「走行距離・年式」で大きく買取査定額に差が出てきます。

当然ではありますが、年式が古い車は年を取っていますので、若い車に比べて壊れやすいって思われます。どんなに点検などのメンテナンスをしていても、年式が古かったら買取額は下がってしまいます。

車を購入するときに「この車は前回のオーナーがしっかりとメンテナンスしてたから、高いんですよー。」って言われても、買う人は少ないです。同じ条件なら、年式が新しい方を買う人が多いからです。

年式と走行距離では、どっちが車を売るときに差が出るの??

上記では、「年式」についてで例を書きましたが、どっちが車の売るときの値段(買取査定)に影響が出るのでしょうか??

それは「走行距離」の方が重要視されます。年式が多少古くても走行距離が少なければ、車を高く売ることが出来ます。これは「ズバット買取」の平均買取値段をみて貰えれば分かります。

実際に買取査定時でも走行距離はとても重要なポイントです。平均的には「約50,000Km」で大幅に車の査定額が下がってしまいます。
※車種によって車の買取値段は上下します。

だからと言って全然乗らないと車を買った意味が無いです。すぐに車を変える人は「約50,000Km」を目安に車の買い替えを行うといいでしょう。

「走行距離が多い・年式が古い」等でも車を高く売る方法はあります!

もし新車購入などでディーラーの下取りに出したいとこですが、ちょっとだけ我慢して車を高く売りましょう!!

それは「複数の買取店にもっていく」って方法です。実際には何店舗も買取店に行かない人が多いです。
でも、最大で買取査定額の差が30万円以上に人もいるみたいです。

それでも「買取店に複数いくのめんどい」って方が多いと思います。しかし、車査定の一括査定サービスを使えば、簡単に複数の店舗を行かずに「車の査定」に来てくれます。もっとうまく一括査定を受けましょう!!
車を高く売るなら一括査定