大事故に影響する高速道路!一番重要なのは車間距離を多く取ること
高速道路で大事故なんて嫌だ!

皆さん遠出などをする際に「高速道路」をよく利用されると思いますが、【車間距離】ってどのくらい空けていますか?

高速道路は普通の運転よりも速度を出して走りますので、【車間距離】がとても大事になってきます。安全に高速道路を運転するためには、どのくらい車間距離をとればいいのでしょうか。

車で事故らない為には車間距離が大切

安全運転をする為の1つの方法として「車間距離を十分にとる」という事があります。車間距離は一般道でも高速道路でも関係なく、安全に運転するために注意しなくてはなりません。

高速道路での事故は一般道よりも死亡するリスクが高いですし、1つの事故が何台もの車を巻き込んでしまう可能性がとても高いです。そのために【車間距離】が大事になってきます。

車間距離をあけていれば、事故を回避することが可能です。

例えば、前方が渋滞している時に追突事故が起きたとしても、車間距離を十分にとっていることで早めに異変に気づくことができ、自分も事故にまきこまれるのを防ぐことができます。

逆に車間距離を十分に取れていないと、前の車が渋滞を察知するのが遅れてブレーキを強めに踏んだ場合に、自分の車もブレーキが遅れてしまいます。その結果、追突事故が起こる可能性も高くなってしまいますし、巻き込まれる可能性もあります。

初めにも言いましたが高速道路では、1つの事故が大事故へとつながりますので【車間距離】はとても重要です!
では実際どのくらい車間距離をあければいいのでしょうか?

車間距離の確認方法

車買取査定・一括査定
「車間距離を〇mあけましょう」と言われても、走行中に何メートルと確認するのは難しいでが、簡単な方法で車間距離は確認できます。方法は【秒数】で車間距離を判断する方法です。

やり方は、初めに目安にするものを見つけます。例えば車間距離確認の標識(10m20m30mなどと記載されている標識)などが便利です。その中の1つを目安とし、前の車がその目安とした場所を通ってから自分の車が何秒後に通るのか?という方法です。

高速道路であけておいた方が良い車間距離は、前の車が通過してから自分の車が通過するまでに『ゆっくり3秒』経過した時の距離です。普通に1、2、3と数えると早く数えてしまうので、ゆっくり数えるために「ゼロイチ・ゼロニ・ゼロサン」と言うように初めに【ゼロ】を付けて数えるのが良いです。

これをやってみると、自分の思っているよりも車間距離をとっていなかったことに気づけると思います。
安全に高速道路を利用するために、車間距離と休憩を十分にとって楽しいお出かけにしてください♪

>>車のフロントガラス付近にぬいぐるみは危険!

>>車が高く売れる時期は?何月が高額で売れるのか?

車を高く売るなら一括査定