FCV(燃料電池車)とはどんな車なのか??
車を高く売るなら一括査定

FCVって知ってますか!?今から流行る!?

「燃料電池車=FCV」と言います。燃料電池車は「ハイブリットカー」「電気自動車」でも無く新しいタイプの車となっています。

  • FCV(燃料電池車)とは、どんな車なのか??
  • FCV(燃料電池車)のメリット
  • FCV(燃料電池車)のデメリットと問題点
  • 今後はハイブリットよりもFCV(燃料電池車)が流行るのか?

について書いていきます。

FCV(燃料電池車)とは、どんな車なのか??

簡単に「FCV」について説明したいと思います。すごく簡単にいいますと「燃料がガソリンでは無く、水素で走る車」ってことです。

燃料電池で「水素」と「酸素」を使って電気を作りモーターを回して車を走らせることが出来ます。車の燃料補給としては従来のガソリンの代わりに「水素」を補給するだけOKです。

今まであった電気自動車よりも一回の補給で長く走ることが可能となっていますので、これから流行る可能性も十分に考えれるタイプの車だと思います。

ただメリットも多くありますがデメリットもありますので、これからの改善に期待ですねー。私は「FCV」には賛成派なのですが、もっと多くFCV車が走ってくれないと困ることが多いですねー。
※問題点やデメリットについては下記を見てくれれば分かります。

FCV(燃料電池車)のメリット

メリットはなんといっても「環境にいい」ってことですね。私たち的にはメリットはまだ分かりませんが、車の燃料費がハイブリットカーの代表であるプリウスくらいになればいいのですが、まだまだ先の話になりそうです。

環境にいいポイント

ガソリンで車を走らせると

  • 二酸化炭素
  • 窒素酸化物
  • 炭化水素
  • 一酸化炭素
  • 浮遊粒子状物質
  • その他

が発生して環境にはよくありません。車で走るってことは地球を汚して走るってことなんですねー。

昔の車よりは上記の有害物質はかなり減りましたが、それでも環境にはよくありません。しかし、FCV(燃料電池車)では、ほとんど有害物質は発生しません。

FCV(燃料電池車)では電気を作るときに発生するほとんどが、水となっていますので、環境には電気自動車と同じくらい優しいです。「なら、電気自動車でいいじゃん」って思った方もいると思いますが、電気自動車の問題点である航続距離を解決されています。

電気自動車は電気をメインに走るので環境にいい車ですが、航続距離がとても少ないです。しかし、FCV(燃料電池車)は電気自動車の問題点を解決し、航続距離がガソリン車並みになっています。
※2016年7月時点で補充満タンで700Kmの走行が可能となっています。

今後はもっと距離が増えたり燃費が良くなると思いますので、これからの車になるでしょう!!てか、なって欲しいです!!

FCV(燃料電池車)のデメリットと問題点

メリットや今後に期待できる車ですが、まだまだデメリットが多くあります。

まずは車の値段が高額になるってことです。燃料電池が安いものではありませんので、車の価格自体が高額になってしまいます。
トヨタのFCV(燃料電池車)では約700万円もします。

一般人の私には高くて買えませんねー。新しい物好きなので欲しい車ではあったのですが、700万円は手が出せません。

車の価格以外の問題点は

  • 水素補充が高い(将来的には半額以下になる可能性があり)
  • 水素ステーションが少ない
  • FCV(燃料電池車)の事故が心配

って問題があります。

まぁ詳しい説明は無しで簡単に説明しますね。

水素補充が高い

ハイブリットーにはもちろんのことで、普通自動車にも劣るくらいの燃費しかありません。ガソリン1リットル分の価格で15Kmってとこです。

ただこれは今後大きく改善される可能性があります。水素の価格が後10年後には1/3以下になるらしいです。これが実現されればいいのですが、どうなんでしょうねー。

水素ステーションが少ない

水素ステーションってのは、ガソリンスタンドのイメージです。水素で走るのですが、水素を補充できる場所が全くありませんので、もっとFCV(燃料電池車)が多くならないとダメですね。

電気自動車の充電場所もここ最近増えてきましたので、今後はFCV(燃料電池車)が一般的になれば問題は無くなります。

FCV(燃料電池車)の事故が心配

水素と燃料電池を使ってるので、爆発や火災が心配って意味ではありません。FCV(燃料電池車)では、かなり厳しい安全審査がありますのでガソリン車よりも安全となっています。

ガソリン車が火災になった場合には引火して爆発する可能性が高いですが、FCV(燃料電池車)では水素は気体なので拡散されて爆発もしにくいですし、燃え広がることも少なくなっています。

「FCV(燃料電池車)の事故が心配」って思ってる人が多くて、FCVがなかなか普及しないのが心配となっています。私も「水素爆発とかないのかな?」って思っていたんですが、ちょっと調べたらガソリン車よりも安全なんだってことが分かります。

もっとFCV(燃料電池車)についてテレビとかで紹介してほしいですねー。今のところニュースでしか見ていませんね。

今後はハイブリットよりもFCV(燃料電池車)が流行るのか?

FCV(燃料電池車)が流行る為には

  • 価格の低下
  • FCV(燃料電池車)の安全性の理解
  • 水素の価格の低下
  • 水素ステーションの設置

これらがクリアできれば今後はFCV(燃料電池車)が当たり前の時代が来ますね!!

価格の低下がクリアできれば他はセットで問題解決しそうですが、最短でも5年くらいはかかりそうですねー。燃料電池をどうやって安くするのかがポイントですねー。

車を高く売るなら一括査定