車の燃費が増える走り方はこうだ!!
ガソリンは無料では無い!!

どんな車に乗っていても燃費は気になりますよね?
最近はほとんどの車が燃費を考えた車になってきています。エコカーに乗っていても、燃費の悪い大きな車や外車に乗っていても少しでも燃費良く走りたいものです。

運転の仕方によっても燃費が変わってきます。少し気を付けるだけで、燃費が大きく違ってきますので、ポイントを紹介します。

月々のガソリン代は燃費で大きく変わってきますので、燃費のいい走り方を心がけましょう!
※私の個人的な感覚です。

アクセルの踏み込みと放すタイミング

アクセルの踏み込み・タイミングについてですが、悪い発進の例はこうです。

燃費が悪くなる運転
  • 踏み込みがきつく直後からスピードを出してスタートをする
  • 徐々に速度を上げていかない
  • 少しだけ進む場合にも、アクセルを強く踏み、すぐにブレーキと言うような運転(危険)
  • 前方が止まっているのが見えているのに、ギリギリまでアクセルを踏んでいる(エンジンブレーキを使わない)

上記のようなアクセルの踏み方は、燃費が悪くなる走り方です。車のもある程度限界がありますので、いきなりスピードを出そうとしたりすればエンジンにはものすごく負荷がかかるわけです。

そのために燃費は悪くなりますし、故障してしまう原因にもなりますので、上記の様な運転をしている方は注意してください。

燃費が良くなる運転方法
  • そろそろとアクセルを踏み込んで、徐々にスピードを上げていく
  • 赤信号など車が停止しているのが事前に見えていたら、アクセルを早めに放してエンジンブレーキを使う
  • 少し進むなどする場合も同じくエンジンブレーキで補う
  • 停車中はニュートラルにしておくと良い

上記を気を付けているかいないかで、確実に燃費は違ってきます。同じ車に乗っていても燃費をさらに良くすることもできるし、悪くすることも出来ます。それを決めるのは自分ですから、ポイントを押さえて燃費良く走りましょう。

元々燃費の良くない車に乗っている方は、特に気を付けてみて下さい。

車を高く売るなら一括査定